香典袋の氏名の書き方

香典袋の下段の書き方にも気をつけましょう。

香典袋の下段には、フルネームでかきます。
名字だけで書く人も多いですが、正式にはフルネームです。

妻が代理でお通夜やお葬式に出席する場合は、
夫のフルネームの左下に「内」と小さく書きます。
お通夜やお葬式の受付でも、そのように書きます。

夫婦そろって参列する場合は、夫だけの名前でも問題ありません。
ただ妻も故人と親しかった場合には、妻の名前も連名で記載する方がいいでしょう。
連名の場合は、夫の名前の左横に妻の名前を書きます。

会社の社長名で香典を出すこともあるでしょう。
そういったときは、中央に役職名と氏名その右側に会社名を記載します。
氏名は必ず真ん中になるように記入します。

会社名だけで、御香典を出すことはありません。
必ず中央に役職名や名前を書きましょう。

上司の代わりに参列する場合は、上司の名前の左下に「代」と書きます。
お通夜やお葬式の受付でも、同じように記入します。

シンプルなお葬式、家族葬が注目されています